2011年04月23日

リアルタイガーマスク計画とは?

「プロジェクトZ」は、普段は私利私欲に走り、「きもオタ」とか「腐女子」とか言われているオタク諸君にも

 たまには人の役に立つ機会を与え、社会復帰を促すための場でもある。 それがこの・・「リアルタイガーマスク計画」である。


■ タイガーマスクを知らない小さなお友達へ(省略)←エ?


俺達オタクだって・・・人の役に立てるんだ!

タイガーがプロレスで得た金を子供たちのために使ったように、

俺達はオタクで集まった金を子供たちのために役立てよう!

オタクなら、オタクらしいやり方で・・

それが俺達の・・・タイガーへの恩返しだ!


リアル・タイガーマスク計画 主旨

1.「プロジェクトZ」で得た収益金の全てを「聖ヨハネ学園(高槻市)」に寄付する。

2.寄付は、子供たちが望むマンガ雑誌・単行本を収益金で購入する形で行う。

3.寄付をお届けするため施設を訪れる際は、Z戦士はタイガーマスクの覆面を被って訪問する。


皆様のご協力をお願いいたします。




児童擁護施設 聖ヨハネ学園

■ 沿革要旨 ■

●明治22年11月
米国宣教師ミス・ブールが日本聖公会大阪聖ヨハネ教会婦人会の支援により大阪市東区石町の一小屋に2名の乳児を収容し貧院と称した。
●明治34年
社団法人認可。
●明治39年9月
大阪聖ヨハネ学園と改称。
●昭和19年
現在地高槻に移転。
●昭和27年
社会福祉法人聖ヨハネ学園と改称。
●平成元年11月
創立100周年を迎える。
●平成元年
ゆう・あいセンター(デイサービス・生活支援・乳幼児療育)開始。
●平成10年
デイサービス・ホームヘルプサービス・ケアマネージメントサービス・ショートステイサービスを開設。
●平成13年
下田部保育園30周年を迎える。
●平成15年
うの花療育園開設。

--------------------------------------------------
(2011/4月:Zサイトより転載)